良品計画/3~8月は売上高6.4%増、営業利益35.7%増

/2012年10月04日

良品計画が10月4日に発表した2013年2月期第2四半期決算は、売上高913億7900万円(前年同期比6.4%増)、営業利益95億300万円(35.7%増)、経常利益97億4200万円(33.1%増)、当期利益47億5900万円(12.8%増)となった。

国内直営事業は、直営店の売上高が5.2%の増加、WEB事業の売上高が18.6%の増加となり、高い伸びを示した。

衣服・雑貨部門は、アイテムのバリエーションを広げた「重ねて着る」カットソーシリーズ、「UVカット素材を使った幾通りにも使えるケープ」シリーズなどの、婦人ウェアが好調に推移した。

トラベル&モバイルに関連した「MUJI to GO」キャンペーンにおいて、「キャリーバーの高さを自由に調節できるハードキャリー」シリーズがヒット商品として大きく飛躍した。生活雑貨部門は、アロマ関連やエイジングケア関連の商品が好調に推移した。

4店の出店、1店の退店を実施し、期末の店舗数は、259店となった。

通期は、売上高1912億2000万円、営業利益194億円、経常利益194億6000万円、当期利益105億5000万円となった。

最新ニュース