BUSINESS

銀座六丁目再開発/総事業費758億円

/2012年12月12日

東京都都市整備局は12月12日、銀座六丁目10地区市街地再開発組合の設立を許可した。

<再開発の完成イメージ>

許可により、森ビル、J.フロントリテイリングなど13社が参画する銀座六丁目地区市街地再開発準備組合は、法人格を得て、市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。

再開発の延面積は14万7600㎡で、地下6階、地上13階、高さ約56mのビルを建設する。主な用途は、店舗、事務所、多目的ホール、地域冷暖房施設、駐車場で、総事業費は約758億円。

2014年1月に着工し、2016年8月竣工の予定。

老朽化が進む建物の集約・更新により、国際的な商業・観光拠点にふさわしい複合施設を整備するとともに、観光客受け入れスペースやバス乗降スペース、屋上庭園(約4000㎡)などの整備により、来街者等の利便性や快適性を高め、活力と魅力のある都心部の形成を推進する。

貫通通路や地下歩行者通路を整備し、歩行者動線のバリアフリー化を図ることで、計画地周辺の歩行者ネットワークの強化・拡充を図る。

施設建築物の制振構造の採用や、都市ガス・オイルによる非常用発電機の設置等により、災害発生後ライフラインが復旧するまでの間、帰宅困難者対応として、多目的ホール等を一時滞在スペースとして活用し、食料や毛布等を備蓄し、地域全体の防災機能の向上を図る計画だ。

計画概要
延面積:約14万7600㎡
建物規模:地下6階、地上13階、高さ約56m
主な用途:店舗、事務所、多目的ホール、地域冷暖房施設、駐車場
主な公共施設など:
区道中京第428号線拡幅(幅員12.73m→20.73m)
広場(屋上階、約4000㎡)
貫通通路(幅員8m、延長約115m)
歩道状空地(幅員2.5m、延長約70m)
歩行者用通路(地下、幅員5.5m)
総事業費:約758億円

最新ニュース