小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/日本と中国の店舗で相互送客キャンペーン

ローソンと中国のアントフィナンシャルサービスグループは、年間で中国人観光客の訪日が最も見込まれる夏休みシーズン(7月、8月)に合わせて、アントフィナンシャル傘下のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」を通じて日本と中国のローソン店舗で共同販促キャンペーンを展開する。

<共同販促キャンペーン>
共同販促キャンペーン

ローソンが日本国内の店舗と海外店舗との相互送客を図るキャンペーンを行うのは初めて。

現在、日本国内では、1万3190店(全47都道府県)、中国では、1093店(上海と周辺702店、重慶144店、大連87店、北京58店、武漢102店)を展開している。

7月11日から、「アリペイ」アプリ内の「奨励金」という機能を活用して、日曜日から木曜日にかけて日本または中国のローソン店舗で「アリペイ」で決済したお客に、買い物金額に応じた一定比率のボーナスを還元する。

お客は貯めたボーナスを、同じ週の金曜日と土曜日に日本または中国のローソンで現金のように使うことができる。中国以外で「奨励金」サービスを利用できるのはローソンが初めてという。

7月24日から、中国のローソンで「アリペイ」で決済したお客には日本のローソンで利用できる人気商品「からあげクン」各種の30円割引クーポンを、日本のローソンで「アリペイ」で決済したお客には中国のローソンで利用できる人気飲料の2元割引クーポンを配布する。

「アリペイ」アプリで中国と海外で発行したクーポン券を相互に利用できるのは初めてという。

ローソンとアントフィナンシャルは日本における年間プロモーションの協定を6月15日に締結した。

7月1日から年間を通して、日本ローソンでの「アリペイ」利用者に常時キャッシュバックを実施するほか、毎週土曜日には阿里巴巴(アリババ)グループとアントフィナンシャル傘下のネットショッピング、旅行などさまざまなサービスに利用できる割引券を配布する。

アリペイは現在、中国で約5億人が利用し、中国のeコマースとモバイル決済市場で圧倒的なマーケットシェアを占めている。

ローソンは2017年1月に「アリペイ」の取り扱いを日本国内のローソン全店舗(約1万3000店)で開始している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧