小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/中国・南京に5店舗同時オープン

ローソンは8月28日、中国江蘇省南京市にローソンを5店舗同時オープンした、と発表した。

<南京市内ローソン(丹鳳街店)の外観>
南京市内ローソン(丹鳳街店)の外観

ローソンの連結子会社である上海羅森便利(以下「上海ローソン」)が、8月7日に南京市の地場小売大手である南京中央商場(集団)と結んだエリアフランチャイズ契約を含んだ戦略提携協議によるもの。

人口800万人以上を擁する南京市は江蘇省の省都で、華東地区(上海市・江蘇省・浙江省・安徽省・江西省・福建省・山東省)の中核都市の1つ。経済発展に伴い、若年層を中心に高品質なコンビニエンスストアへの需要が高まっている。上海ローソンが持つ店舗運営、商品開発のノウハウと、中央商場が持つスーパーや百貨店などのネットワークと顧客基盤を生かしていく。今後、3年~5年間をかけて300店舗以上の出店を目指す。

今回南京市への進出により、華東地区における出店都市数は12都市に上る。

■8月28日オープン店舗概要
秣陵路店
所在地:南京市秣陵路18号

緑地之窓店
所在地:南京市雨花台区南京南駅西片区緑地之窓商務広場C-3棟1室

上水庭院店
所在地:南京市雨花台区花神大道11-19号

丹鳳街店
所在地:南京市唱経楼西街1-1号

上水雲錦店
所在地:南京市建業区白鷺東街92-5号
各店舗商品アイテム数 約2000、営業時間 24時間。

■上海とその周辺の店舗数
上海市:577店舗
江蘇省(江陰、無錫、鎮江、蘇州、常州、張家港):99店舗
浙江省(杭州、寧波、嘉興、紹興):74店舗
以上計11都市、750店舗

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧