小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ストライプ/ベトナム第2位のレディースアパレルを買収

ストライプインターナショナルは11月8日、ベトナムでレディスカジュアルアパレルの店舗展開数第2位を誇るNEM(ネム)グループのアパレル事業を買収し、ベトナム市場へ本格的に進出すると発表した。

<石川社長(写真左)>

ベトナムにおいては新たなグループ会社「STRIPE VIETNAM Joint Stock Company」(ストライプベトナム)を設立の上、NEMグループのアパレル事業資産を承継して、今後の事業展開をする

ストライプベトナムの取締役会議長にはストライプ代表取締役社長の石川康晴が、代表取締役社長には同常務取締役の張替勉が就任する。

ASEAN市場における事業拡大を中長期の重要戦略と位置付けており、その中でも急速な人口増加と経済発展を続けるベトナムを最重点国の一つとしている。

ASEANでの積極的な戦略推進のため、NEMグループのアパレル事業買収により、日系アパレルとしては初めて活性化するベトナム市場へ本格的に進出を図ることとした。

NEMグループは、SPAレディスカジュアルブランド「NEM」をハノイ・ホーチミンを中心に44店を展開し、高い収益力を有している。

「NEM」は20代から40代の働く女性がターゲットで、近年では年に10店以上の出店と、20%超の売上高拡大を継続している。

刺繍やコサージュのついたベトナムらしいデザインのワンピースを主力商品とし、国内で高い人気を誇っている。

これまでに培ったSPAノウハウを活用しながら最大限のシナジーを発揮し、「NEM」の国内出店促進を図ることで、経済発展著しいベトナムにおける「NEM」事業の更なる拡大を目指す。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧