小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ベビースターラーメン/台湾に初の海外生産拠点

おやつカンパニーは9月27日、ベビースターラーメン初の海外生産拠点となる「おやつカンパニー台湾工場」を竣工する。

<おやつカンパニー台湾工場>

おやつカンパニーは1983年より30年以上、香港・台湾をはじめとするアジア地域に対するベビースターラーメンを輸出してきた。台湾の売上は安定して伸び続けており、さらにアジア地域を中心とした菓子需要の高まりで、市場規模はますます拡大すると見込まれている。

これまでは日本国内三重県の「おやつカンパニー久居工場」の生産品を輸出してきたが、台湾工場を海外展開製品の生産・流通拠点とすることで、アジア地域における需要拡大に応える。

また、よりスピーディーで鮮度の高い製品流通が叶うと同時に、地域市場にマッチした製品開発・生産による顧客満足度の高い製品の提供を目指す。

ベビースターラーメン秘伝のチキンスープはベーシックな部分は創業以来大きく変えていないが、 時代の顧客ニーズに合わせて微調整を行っている。台湾工場において台湾市場向けに生産するということで、台湾でのアンケート調査やフレーバー官能チェックを繰り返し、チキンスープの配合を現地最適化させた。

<日本国内と同等の生産設備と製造ノウハウを導入>

■おやつカンパニー台湾工場
所在地:台灣桃園市大園区五福路370号
敷地面積:1万480m2
工場床面積:6067m2
生産品目:ベビースターブランド各種

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧