小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブックオフ/3月期は売上高6.2%増、営業利益1億1600万円

ブックオフコーポレーションが5月10日に発表した2017年3月期決算は、売上高813億4400万円(前年同期比6.2%増)、営業利益1億1600万円(前期は5億3000万円の営業損失)、経常利益5億8800万円(500万円の経常利益)、当期損失11億5900万円(5億2800万円の当期損失)となった。

「BOOKOFF」を中心に様々なリユース商材を集めた大型複合店「BOOKOFF SUPER BAZAAR」と「BOOKOFF」にアパレル商材を複合させた「BOOKOFF PLUS」をグループの中核パッケージとして出店とリニューアルの促進をし「BOOKOFF SUPER BAZAAR」を5店、「BOOKOFF PLUS」を1店出店した。

「BOOKOFF」単独店から「BOOKOFF PLUS」へのリニューアルを6店舗実施した。

「BOOKOFF」既存店では、前連結会計年度に引き続き、積極的な中古家電の買取・販売と、店舗商品のインターネット・オークションサービス「ヤフオク!」への出品を推し進めた。

中古家電と共に既存商材の買取と販売の増加に向けて、前年度に拡充した店舗パート・アルバイトスタッフの教育研修を進める一方で、店舗ごとに買取・販売の実勢に応じたコスト削減を積極的に進めた。

ブックオフオンライン事業では前連結会計年度に実施した倉庫拡張により、中古本の品そろえ最大化による事業拡大を進めた。

ハグオール事業では前年度に引き続き、事業構築に加えて売上規模拡大による収益化の実現に向けて、先行投資を進めた。

来期は、売上高820億円、営業利益5億円、経常利益9億5000万円、当期利益1億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧