流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

ジーフット/3~5月は売上高5.1%減、営業利益45.0%減

ジーフットが7月5日に発表した2018年2月期第1四半期決算は、売上高278億2700万円(前年同期比5.1%減)、営業利益12億9700万円(45.0%減)、経常利益12億9400万円(45.1%減)、当期利益8億1900万円(39.9%減)となった。

PB導入の遅れを主要因とし、「商品の改革」が道半ばとなり、婦人靴・紳士靴の売上が大きく低下した結果、減収減益となった。

商品改革を推進するため、従来型のMD計画を見直し、婦人靴・紳士靴を中心に在庫数・アイテム数の抜本的削減を行い、価値あるPB商品の導入を図った。

しかし、快適性の追求をコンセプトとする機能系PB「ウエルネスライト」の導入の遅れにより、ボリュームゾーン価格帯に商品不足が生じ、オープニングプライス商品が客数増加策として成果を上げた反面、客単価の低下を招いた。

売上総利益率は、市場環境に対応した結果、スポーツ靴や子供靴においてNB(ナショナルブランド)商品が好調に推移した反面、PB販売構成比は26.4%(5.7ポイント減)となり、売上総利益率は46.3%(1.1ポイント減)となった。

売場の改革では、基幹業態の進化に努めるとともに、新規事業の推進とオムニチャネル化の推進・Eコマース事業の拡大に注力した。

活性化を進めた専門店複合型フォーマットは、昨年から継続して好調であり、アスビーファム業態については、都市近郊への出店強化と地域密着型品そろえの拡充を図った。新店は20店を出店した。

通期は、売上高1040億円、営業利益55億円、経常利益55億円、当期利益28億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析