小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マックスバリュ東北/3~5月は売上高2.5%減、営業利益58.1%減

マックスバリュ東北が7月5日に発表した2018年2月期第1四半期決算は、売上高264億4000万円(前年同期比2.5%減)、営業利益1億6400万円(58.1%減)、経常利益1億6800万円(58.0%減)、当期利益3800万円(89.1%減)となった。

営業力強化は、スーパーバイザーを各事業部に配置し、売場展開力の向上と地域商品の品そろえの強化を行うと共に、店舗では夕刻のサービスレベルの向上に努めた。

商品力強化では、生鮮食品の産地直送商品の拡大と在庫の適正化による鮮度の改善や名物商品の開発によるサービスデリの強化に取り組んだ。

お客の節約・低価格志向への対応として、火曜市の強化や購買頻度の高い商品をお値打ち価格で提供する「安い値!」の展開に取り組んだ。

地域にあった商品の品そろえや競争環境の変化に対応するための店舗の活性化を2店で実施し、地域密着のための店舗づくりを進めた。活性化を行った店舗の売上高は前年同期を上回り順調に推移した。

マックスバリュエクスプレス店舗は、2店目となるマックスバリュエクスプレス新屋関町店を3月8日に秋田市に開店した。

単身・高齢化世帯への対応として、即食・簡便商品を店舗入り口付近に配置し、生鮮食品の少量商品の品そろえを充実させたことにより、短時間での買い物が可能となった。

期末店舗数は青森23店、秋田38店、山形24店、岩手10店の合計95店となった。

通期は、売上高1090億円、営業利益14億円、経常利益14億円、当期利益4億5500万円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧