小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

レナウン/3~5月は売上高0.7%減

レナウンが7月14日に発表した2018年2月期第1四半期決算は、売上高140億700万円(前年同期比0.7%減)、営業損失0円(前期は2億1100万円の営業損失)、経常利益6000万円(1億2400万円の経常損失)、当期利益3億1900万円(5億100万円の当期損失)となった。

第1四半期は、GMSやショッピングセンター、Eコマースにおける販売は堅調に推移したものの、主力販路である百貨店向け販売が苦戦したことにより、売上高は前年同四半期に比べてほぼ横ばいとなった。

一方、在庫内容の改善が図れたことに伴い、処分販売が減少したことから、売上高総利益率が改善し、営業利益と経常利益は増加した。

関係会社出資金売却益を計上したことなどにより、親会社株主に帰属する当期利益も増加した。

通期は、売上高660億円、営業利益2億円、経常利益5億円、当期利益5億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧