小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コメリ/4~6月は売上高2.8%増、営業利益7.6%増

コメリが7月25日に発表した2018年3月期第1四半期決算は、売上高939億3100万円(前年同期比2.8%増)、営業利益69億7500万円(7.6%増)、経常利益69億2000万円(9.3%増)、当期利益46億6600万円(12.7%増)となった。

PB商品の野菜苗や草花苗を中心とした園芸用品が全体をけん引し、既存店の売上高と客数が前年を上回った。

商品荒利率の改善とBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)によるオペレーションの効率化により、利益については前年実績を上回った。これらにより、第1四半期の業績は、堅調に推移し増収・増益となった。

ホームセンター(HC)を2店、パワー(PW)を2店の合計4店を出店した。期末店舗数は、パワー46店、HC159店、HG968店、アテーナ13店、合計で1186店となった。

通期は、売上高3490億円(5.9%)、営業利益182億円(9.1%増)、経常利益183億円(8.9%増)
、当期利益111億円(0.8%増)の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧