小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

デサント/4~6月の国内事業は営業損失8億2200万円

デサントが8月1日に発表した2018年3月期第1四半期決算は、売上高301億8000万円(前年同期比8.0%増)、営業利益9億8200万円(25.2%減)、経常利益10億6800万円(24.0%減)、当期利益7億6400万円(26.9%減)となった。

日本国内の売上高は115億7300万円(8.9%増)、営業損失は8億2200万円(前期は9億600万円の営業損失)だった。

アスレチックウェアにおいて全体的に順調に推移した。特に「デサント」は好調に推移した。ゴルフウェアにおいては「マンシングウェア」は苦戦したが、その他のブランドが好調に推移した。

その結果、日本全体として売上高は前年実績を上回り、損益面においても前年より損失は縮小した。

アジアの売上高は181億200万円(8.1%増)、営業利益20億6900万円(12.3%減)となった。

各国とブランドによりばらつきはあるものの、韓国においては「デサント」、中国においては「アリーナ」、香港においては「デサント」、シンガポールにおいては「ルコックスポルティフ」が順調に推移した。

アジア全体として売上高では前年を上回ったが、粗利益率の悪化と販管費の増加により利益は昨年を下回った。

通期は売上高1390億円、営業利益84億円、経常利益86億円、当期利益57億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧