小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三越伊勢丹HD/4~6月の百貨店事業、営業利益38.8%増

三越伊勢丹ホールディングスが8月4日に発表した2018年3月期第1四半期決算は、売上高2966億6300万円(前年同期比0.7%増)、営業利益68億3800万円(12.8%増)、経常利益81億3000万円(10.8%増)、当期利益48億6000万円(1.9%減)となった。

百貨店事業の売上高は2640億9600万円(2.0%減)、営業利益は27億4300万円(38.8%増)となった。

中小型店舗は、グループの強みである編集力とチャネル開発力を活かし、お客との接点拡大に向けて出店を拡大した。

ラグジュアリーコスメの編集ショップである「イセタンミラー」は、首都圏を中心に14店展開し、一定の収益モデルが確立され順調に推移した。

一方、編集型小型店である「エムアイプラザ」は全国に29店を展開するものの、事業収益モデルの確立に至っておらず、新規案件は原則凍結し、不採算店舗のスクラップ&ビルドを進めた。

通期は、売上高1兆2650億円、営業利益180億円、経常利益200億円、当期利益100億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧