小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アルペン/6月期は減収増益

アルペンが8月9日に発表した2017年6月期決算は、売上高2200億3900万円(前年同期比1.6%減)、営業利益41億3400万円(29.9%増)、経常利益62億700万円(77.5%増)、当期利益27億4100万円(前期は22億6300万円の当期損失)となった。

利益面は、不採算店舗の閉店、広告宣伝費の効率化に取組み、秋以降の売上不振を受けて人件費などのコストコントロールを行い、減収のなか、営業利益は増益となった。

前年に計上していた熊本地震での災害損失と中国店舗撤退にともなう事業撤退損の影響がなくなったこと、収益環境が厳しい店舗等の減損損失の計上額が大きく減少したことなどにより当期純利益は、大幅に改善した。

店舗の出退店の状況は、「スポーツデポ」2店、「ゴルフ5」1店、「ミフト」1店を出店し、「アルペン」8店、「ゴルフ5」3店、「ミフト」2店を閉鎖した。

期末の国内店舗数は「アルペン」60店、「ゴルフ5」201店、「スポーツデポ」150店、「ミフト」13店の計424店となった。

来期は、売上高2260億9400万円、営業利益50億2400万円、経常利益59億2100万円、当期利益24億7400万円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧