小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

オイシックスドット大地/経営統合後初の第1四半期決算は、増収減益

オイシックスドット大地が8月10日に発表した2018年3月期第1四半期決算は、売上高96億200万円(前年同期比78.5%増)、営業利益1億4100万円(16.7%減)、EBITDA3億2000万円(42.2%増)、当期利益7200万円(39.4%減)となった。

3月にオイシックスが大地を守る会を子会社化し、7月に社名変更してから初の第1四半期決算。

宅配事業(Oisix)の売上高は57億9043万円、営業利益6億7464万円だった。定期宅配サービス「おいしっくすくらぶ」会員数が、3月末の13万7359人から、6月末には14万7474人へ増加しており、概ね計画通りに推移した。

安心・安全な献立が20分で完成するプレミアム時短サービス「KitOisix」を毎週届ける定期宅配コース「KitOisix献立コース」の会員が、6月末には5万5000人を突破した。

宅配事業(大地宅配)の売上高は27億9046万円、営業利益4億5204万円だった。新規会員獲得のための販売促進費を抑制し、サービスの進化に注力したこともあり、会員数が、3月末の4万6145人から、6月末には4万4848人へ減少したが、販売単価の上昇などの要因もあり、概ね計画通りに推移した。

通期は、売上高380億円、営業利益6億7000万円、EBITDA13億9000万円、当期利益3億9000万円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧