小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

やまや/酒類の新取引基準で仮需発生、利益予想を50%上方修正

やまやは10月20日、2018年3月期第2四半期の連結業績予想の修正を発表した。

売上高850億円(前年同期比2.4%増)、営業利益31億5000万円(50.0%増)、経常利益31億5000万円(50.0%増)、当期利益13億5000万円(107.7%増)とした。

総販売原価を下回る酒類の販売価格を禁止する国税庁通達「新取引基準」6月1日施行を前に買い置き需要、仮需が発生した。

施行後、一部商品の値上げを余儀なくされたが、ワイン、洋酒など自社が標榜するワールドリカーシステムによる独自調達商品は、価格を維持し、大幅な仮需反動には至らなかった。

また、不採算店の退店が順調に進んだ。

なお、2018年3月期第2四半期最終連結決算と当期年間業績予想の修正は、11月10日の2018年3月期第2四半期決算短信(連結日本基準)で発表する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧