小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユニクロ/銀座店

ユニクロは3月16日、銀座にグローバル旗艦店で世界最大の売場面積となる「ユニクロ銀座店」を開店した。

<ユニクロ銀座店>

銀座の中央通り沿いに開店するもので、売場面積は約1500坪。1階から12階まですべてユニクロ商品を揃える。

<1階ウエルカムゲート>

「グローバル旗艦店は、最新・最旬の商品とVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)、最高の店舗運営とサービス、ユニクロの持つクリエイティビティの全てを結集したユニクロのショーケース」(同社)。

<2階のLEDディスプレイ>

メンズ、ウィメンズ、キッズ&ベビー、UTなど、ユニクロの全てのカテゴリーを取り揃え、今のユニクロが実現できる最新・最旬の商品とVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)、最高のサービスを目指す。

<12階の催事コーナー>

12階は「ユニクロギンザスペシャル」と名づけた催事コーナーで、1か月や週単位などの期間でイベントを行う。オープン時は3月16日~4月1日まで、集英社の女性誌の編集者がコーディネートとしたユニクロの着こなし提案をディスプレイを交えて販売する。

<11階のUTストア>

11階はユニクロのTシャツブランド「UT」の専用フロアで、UTストアの位置づけ。人気アニメとのコラボレーション、個性豊かな企業とのコラボレーションなど、話題性の高いコンテンツを揃えた。

<10階のUUコレクション>

10階は、ユニクロと世界的人気ブランド「UNDERCOVER」とのコラボレーションによる「家族」のためのコレクションを展開。ユニクロならではの高品質なベーシックアイテムに、UNDERCOVERらしい少しひねったデザインを加えた、新しい家族のスタイルを提案するという。

<7階のキッズ&ベビーのフロア>

7階は、世界初のキッズ&ベビーの専門フロアで、保育士、幼稚園教諭などの資格や、ベビーシッターの経験を持つスタッフが常駐し、子ども連れのお客がゆっくり買いものができるようにサポートする。床にはカラフルなカーペットを敷き詰め、ベビールームも完備した。

<5階ウィメンズカジュアルのフロア>

12階の店舗のため、1階は、各フロアに陳列した商品を紹介するプレゼンテーションスペースとして、各階のおすすめ商品・スタイリングを、目次のように紹介。何がどこにあるのか瞬時で分かるように提案した。

<9階メンズカジュアルのフロア>

初の試みとして「コンシェルジュ」を配置。12フロアの商品を全て把握し、お客をスムーズに案内するほか、銀座・有楽町界隈のエリア情報の提供や、着こなしの提案などをする。

<試着室ではすそ上げにも対応>

海外からの旅行客に対応するため、英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語の6か国語について、合計15名のネイティブスピーカーを配置した。スタッフは対応可能な言語がひと目でわかるネームホルダーをつけた。

各試着室では、すそ上げの補正にも対応しており、原則として買い上げ当日に補正に対応するという。

<フロアマップ>

店舗概要
所在地:東京都中央区銀座6-9-5銀座コマツ東館
TEL:03-6252-5181
アクセス:東京メトロ銀座線・日比谷線銀座駅徒歩4分
売場面積:約1,500坪1階~12階の12階層)
通常営業時間:11時~21時
スタッフ総数:520名(約100名が外国人)

<1階には各フロアの概略を展示、上層階への来客を促す>

<レジの背後にはデジタルサイネージを配置>

<2階エスカレーター前にはお買い得商品を展開>

<2階の吹き抜けから見た1階のマネキンディスプレイ>

<3階のカジュアルコレクション>

<伊達メガネやサングラスも販売>

<4階ウィメンズスマートカジュアル>

<ストールも豊富に展開>

<DESIGNERS INVITATION PROJECTのコーナー>

<陳列什器にマネキンを横に配置しリラックス感を演出>

<肌着売場では見本を設置し、肌触りを確認できる>

<キッズ売場は子どもがけがを防止するため、什器の角を丸めた>

<キッズでも機能性肌着を強化した>

<キッズ売場に設置したベビールーム>

<UNIQLO INNOVATION PROJECTでは機能を解説するPOPを設置>

<8階メンズビジネスカジュアル>

<ファミリーコレクションのユニクロ×アンダーカバー>

<UTコーナーでは専用什器でTシャツをサイズ別に大量陳列>

<12階催事では、マネキンの着こなしと商品陳列を連動させた>

<窓側には回転するマネキンを設置し着こなしをアピール>

<白を基調としたシンプルな更衣室>

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧