小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

食品小売市場/地域別・業態別の構造変化を予測

流通経済研究所は、1月18日に設立50周年プロジェクトセミナー「小売業態構造の現状分析と将来予測」を開催する

小売業態構造の「現状分析」と「2025年までの予測」について定量データを用いて報告する。

分析は地域別にも行い、各地域の市場規模や業態構造の変化等から、メーカー・卸売業・小売業の営業課題を提示する。

■開催概要
日時:2017年1月18日(水)14:00~17:00
会場:アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)※JR・地下鉄市ヶ谷駅・徒歩2分
参加費用:1名につき30,000円(税込32,400円)

■詳細・申込み
http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_170118.html

■プログラム
14:00~15:20
「小売業態構造の現状分析と地域別営業課題の検討」
流通経済研究所 
研究員 木島豊希

国内の食品小売市場のなかで各小売業態の食品販売額はどのくらいあるのか
(小売業態構造)を全国・地域別に分析し、各業態・各地域の現状の課題を提示する。

・食品小売市場(食品販売額)の現状と変化
・小売業態別(GMS・SM・CVS・DGS・生協・EC・その他)の食品販売額・シェアの実態
・地域別・小売業態別の食品販売額・シェアの実態
・地域別の上位集中度
・製・配・販事業者の地域別営業課題の検討

15:30~17:00
「小売業態構造の将来予測と今後の流通政策の方向性」
流通経済研究所 
専務理事 加藤弘貴

食品小売市場と各小売業態の食品販売額・シェア、店舗数の2025年度までの将来予測を行い、各業態・各地域の今後の課題を提示する。

・食品小売市場(食品販売額)の2025年までの予測
・小売業態別(スーパー・CVS・DGS・生協宅配・EC・その他)の食品販売額・シェアの予測
・地域別・小売業態別の食品販売額・シェアの予測
・コンビニエンスストアの店舗数の予測
・製・配・販事業者の今後の流通政策の方向性

■問い合わせ
流通経済研究所  
担当:中田、木島
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F  
TEL:03-5213-4533

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧