流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

東京茶寮/三軒茶屋にハンドドリップスタイルの日本茶専門店

LUCYA LTER DESIGNは1月5日、東京・三軒茶屋に、ハンドドリップスタイルの日本茶「green brewing」のブランドストア1号店「東京茶寮」をオープンした。

<東京茶寮>
東京茶寮

日本各地から単一農園・単一品種の「シングルオリジン煎茶」を取りそろえ、店内のカウンターでバリスタがハンドドリップスタイルで高品質な日本茶を提供する、新しいスタイルの体験型日本茶専門店。

「独自に開発・デザインした日本茶専用ドリッパー(特許出願中)を用いることで、日本茶の甘味・旨味・渋味や香りのほか、モダンな空間に溶け込んだこれまでにない日本茶を体験できる」(同社)。

コーヒーと同じく、日本茶も「産地」「品種」「蒸し・焙煎」によってフレーバーが大きく異なる。

通常ほとんど流通しない単一農園・単一品種の希少な茶葉を全国各地から仕入れ、徹底した湯温の管理と蒸らし時間の調整により、ワインや日本酒に劣らず違いを明確に感じられる飲み比べメニューを提供する。

<ハンドドリップの様子>
ハンドドリップの様子

茶葉の違いだけでなく、ドリップするお湯の温度を1煎目(70℃)/2煎目(80℃)/3煎目(80℃)と変化させることで、アミノ酸・カフェイン・カテキンの抽出具合をコントロールし、同じ茶葉でも3煎美味しく味わえるメニューとした。

煎茶2種飲み比べとお茶菓子を税込1300円で提供する。

要素を削ぎ落としたミニマルな内装は、茶室を再解釈したものであり、漆喰仕上げの壁と国産の無垢材を使用したカウンターなど日本の職人仕事が随所にちりばめられ、日本茶を中心とした文化や技術を取り入れた。

注文ごとに目の前でバリスタがお茶をドリップする姿を見ながら、ゆったりとした時間を提供する。

提供する各種シングルオリジンの茶葉は、新鮮な状態を保つ窒素充填パッケージにて店頭販売も行う。

green brewingは、カフェで飲むスペシャルティコーヒーのように普段のライフスタイルに香り高い日本茶を取り入れ、最大限に楽しむために誕生したブランド。

茶の成分が抽出される温度・必要な蒸らし時間の関係に基づいて、現代的なアプローチで開発されたレシピを公開し、日本中へ、そして世界中へ高品質な日本茶を広めるという。

<合組専用カウンター>
合組専用カウンター

店内にはお茶のブレンドである「合組(ごうぐみ)」を行うことができる専用カウンターを用意しており、オリジナルの配合や焙煎などを通じてお茶を深く楽しむワークショップやイベントなどを今後開催する計画だ。

日本茶とのペアリングを念頭に置いた「ほうじ茶ブラマンジェ」「ドライフルーツ寄せ」「香るおはぎ」など、和洋折衷のこだわりのお茶菓子をラインナップし、日本の季節感や陶磁器との組み合わせによる変化も定期的に提供する予定だ。

<茶葉の一例>
茶葉の一例

店舗概要
所在地:東京都世田谷区上馬1-34-15
営業時間:11時~20時
定休日:月曜日(祝日の場合翌日休み)

■東京茶寮
http://www.tokyosaryo.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報