流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

モスバーガー/10年ぶりにバンズを一新、全粒粉を配合

モスフードサービスは7月5日、ハンバーガーに使用するバンズを2007年以来、10年ぶりにリニューアルし、11日から全国で販売すると発表した。

<バンズのリニューアル>
バンズのリニューアル

定番商品を強化する一環で、今回は、全粒粉を新たに12%配合しミネラルと食物繊維を増やし、生地重量を約4g増量し53g~54gに変更した。生地重量の増加に伴い、バンズの高さを高めにした。

北海道産を中心に、国産小麦粉を3%配合し、生地のもちもち感をアップさせた。国産小麦を使用することで、年間で約100トンの国産小麦を利用する見込みだ。

国産小麦を使用するのは、初めて。バンズのリニューアルはコストアップ要因となるが、モスフードサービスからフランチャイズ加盟店への卸売価格は据え置く。

コストアップ分は、取引先とモスフードサービスで負担する。

バンズの重量は社内で試食会を開き1g単位で検証した。1~3gでは増量感が感じられず、5gでは増量感が強すぎるため、4gに決定したという。

<ソースのリニューアル>
ソースのリニューアル

ソースも2013年以来4年ぶりにリニューアルし、ミートソースはトマト感をアップさせ、テリヤキソースは甘みと旨味をアップさせた。

<モスバーガー>
モスバーガー

定番の「モスバーガー」(税込370円)をリニューアルすることにより、既存店売上高で前年同期比1%増を目指す。

<アジアンカレーモスバーガー>
アジアンカレーモスバーガー

期間限定商品として、「アジアンカレーモスバーガー」(390円)、「同チーズバーガー」(420円)を投入する。アジアンカレーモスバーガーは270万食、同チーズバーガーは100万食、合計370万食の販売を目指す。

<中村社長>
中村社長

中村栄輔社長は「消費のデフレ傾向が続いているが、モスバーガーは商品価値を上げて価格を維持する。売上の80%を占める定番商品の磨き上げを行っていきたい」と語った。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析