小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

西友/アメリカ産輸入牛肉の価格、据え置き

西友は8月21日、アメリカ産輸入牛肉の価格を据え置くと発表した。

日本政府は、8月1日からアメリカ産冷凍牛肉の輸入量が基準量を超過したことを受けて、輸入関税を引き上げる緊急輸入制限(セーフガード)を発動した。

今後、セーフガードによりアメリカ産牛肉の値上がりの可能性が考えられるが、価格を据え置く。

<アメリカ産牛ばらカルビ焼肉用>
アメリカ産牛ばらカルビ焼肉用

西友では、親会社のウォルマートの独自の調達網のスケールメリットを活かすことで、アメリカ産冷凍牛肉・冷蔵牛肉でも計画的な量を確保しながら、EDLP(毎日低価格)化を継続している。

現在、アメリカ産牛肉カルビ焼肉用味付(三角ばら)解凍100gあたり147円、アメリカ産牛ばらカルビ焼肉用100gあたり197円などを販売している。

アメリカ産牛ばらカルビ焼肉用は、焼肉や牛丼チェーンなどの外食企業がこぞって使用する、赤身と脂肪のバランスが取れた牛肉市場で大人気の部位「牛がらカルビ」を販売している。

人気部位のため、小売業界では定番として取り扱うことが困難な状況だったが、西友では2017年3月から販売を開始し、今後も値上げせずに販売する予定だ。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧