流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

ユニクロ/新生児とマタニティ向け商品を販売

ユニクロは8月28日、新生児向けアイテムとマタニティアイテムの販売を、大型店と一部店舗で開始すると発表した。

新生児向けアイテムとして、これまで展開していたベビーのラインナップに、生まれてすぐに着られる50~60cmサイズの肌着2型と、スタイ(よだれかけ)、スリーパーの4型を追加投入する。

<新生児向けアイテム>
新生児向けアイテム

短肌着(2枚組)展開色数3色(税別990円)、コンビ肌着(2枚組)3色(1500円)、スタイ(2枚組)4色(590円)、スリーパー3色(1500円)を販売する。

肌着は、体温調節が苦手な赤ちゃんのことを考え、肌触りが柔らかく、汗をしっかり吸い取る綿100%の素材を採用した。

肌への刺激に配慮し、身頃は背中や脇に縫い目のない1枚仕立てにした。

1日に何度も着替える新生児のことを考え、育児をするママやパパが着せやすいよう、袖口の広さやスナップボタン、ステッチの配色にこだわった。

<マタニティアイテム>
マタニティアイテム

マタニティアイテムには、体型の変化に伴い、特に必要となるショーツとレギンス、ボトムス2型の計4型をそろえた。

マタニティショーツ(ハイライズ)3色(790円)、マタニティレギンス2色(1500円)、マタニティウルトラストレッチジーンズ3色(3990円)、マタニティレギンスパンツ4色(2990円)を販売する。

体型や体調が日々変わり、不安や大変さを感じやすい妊娠期を、この時期ならではの着こなしを楽しみながら、快適に過ごせる服を目指したという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析