小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

モスバーガー/店舗スタッフのやる気向上、ご当地バーガー決戦

モスフードサービスは9月12日~10月中旬、全国のモスバーガーで店舗スタッフが考案したハンバーガーを販売する「ご当地バーガー決戦」第1弾として、「北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用」(430円)「名古屋海老フライバーガー レモンタルタル」(450円)を販売する。

<ご当地創作バーガー決戦>
ご当地創作バーガー決戦

店舗スタッフ参加型企画として2015年から開催する企画で、今年で3年目。今年は昨年の約5倍となる1122件のアイデアが投稿されたため、発売商品をこれまでの2品から4品に拡大した。

第2弾商品は10月17日~11月中旬に、「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」(430円)、「長崎 トルコライス風バーガー」(450円)を発売する。

<キャンペーンポスター>
キャンペーンポスター

商品開発グループリーダーの永野志津夫氏は「日本発のハンバーガーチェーンとして、日本各地の味を全国に広めるためにご当地創作バーガー企画を実施する。日本各地の特色のある味を生かしたハンバーガーに仕上げた」と語る。

キャンペーンは決戦と名付けているが、商品の優劣を決めるものではなく、SNSなどを通じた決戦投票も行わない。

<北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用>
北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用

永野氏は、「SNSを通じたお客様とのコミュニケーションも大切だが、店舗スタッフのモチベーションアップの効果がある。本部が作った商品を売るのと、自分たちも商品開発に関わった商品を売るのでは、店舗スタッフのやる気が違う」と語る。

毎年、恒例の企画とすることで、全国の店舗スタッフの企画の認知度があがり、投稿されるアイデアが急速に拡大している。

<名古屋海老フライバーガー レモンタルタル>
名古屋海老フライバーガー レモンタルタル

今年は1122件のアイデアから、32件を選定し、最終的に4商品に絞った。

商品開発グループのメンバーが、メニューの再現性、原材料の調達、店舗オペレーションの負担、商品の見た目、味のバランス、選定エリアのバランスなどを考慮して決めた。

<秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース>
秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース

永野氏は「全国各地で工夫を凝らした面白いアイデアが上がっている。今年は発売商品を4品に拡大したが、まだ発売したい商品もある」という。

<長崎 トルコライス風バーガー>
長崎 トルコライス風バーガー

キャンペーンに合わせて、4つのご当地創作バーガーを考案した店舗スタッフのメッセージを添えた簡易冊子も作成し、お客に食べ比べを促す。

<店舗スタッフのメッセージ>
店舗スタッフのメッセージ

商品の選定は、商品開発グループで行うが、発売商品を考案した店舗には、営業本部長や社長など経営幹部が表敬訪問する。

地元食材やメニューを紹介する企画のため、自治体と連携する面もあり、商品を軸にさまざまな波及効果が生まれているという。

<発表イベントにはダチョウ倶楽部が参加>
発表イベントにはダチョウ倶楽部が参加

なお、11日に都内で開いたキャンペーン発表会には、お笑いグループダチョウ倶楽部の寺門ジモンさん、肥後克広さん、上島竜兵さんが参加。商品の食べ比べやトークショーを開催した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧