小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/ドン・キホーテ商品の販売を検討

ファミリーマートは10月11日、来期以降を目途に、ドン・キホーテが販売する商品を販売する方針を明らかにした。

<澤田社長>
澤田社長

同日、都内の本社で開いた2018年2月期第2四半期決算会見で、ファミリーマートの澤田貴司社長は、「ドン・キホーテとの提携では、ユニーの業態転換が最優先課題となっている。ファミリーマートとの取り組みはユニーが落ち着いてからだ。ただ、ドン・キホーテには、ファミリーマートにはない、非常に面白い商品がたくさんある。まずは、商品部レベルで交流を深めたい」と述べた。

澤田社長は、「現時点で出店について、決まったものはない。まずは、商品で優先的に取り組みたい。コーナー展開、POPによる単品訴求など、さまざまな可能性を検討している。例えば、ファミドンキのような業態開発や店舗開発は、早くても来期以降の取り組みになる」と語った。

なお、8月24日に開催したユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスの資本業務提携では、ドン・キホーテ店内へ50店を出店する計画を発表していた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧