小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ゼンショー/米価の高騰で、牛丼の値上げを検討

センショーホールディングスは11月8日、牛丼を含むメニュー全般で、値上げを含む価格改定を検討していることを明らかにした。

<牛丼並盛>
牛丼並盛

米価を中心に原材料の価格が上昇していることを受けた施策。牛丼並盛・税込350円の価格は据え置く方針だが、ミニ290円、中盛470円、大盛470円、特盛580円、メガ730円の価格は見直す方針だ。

カレー、豚丼、海鮮丼、定食やサイドメニューについても、価格改定を検討している。

政府は、8月1日から、4~6月の冷凍牛肉の輸入量が、関税緊急措置の発動基準数量を超えたため、冷凍牛肉に係る関税緊急措置(セーフガード)を発動し、関税率が38.5%から50.0%へ引き上げられている。

広報部によると、「現在、牛丼に使用している冷凍牛肉は、アメリカ産、カナダ産、オーストラリア産を使用しており、セーフガードによる直接的な影響はない」と述べている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧