小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アデランス/中国向け越境ECに初出店

アデランスは、中国の越境ECモール「京東全球購(JD Worldwide)」に、「アデランス京東旗艦店」をオープンした。

<アデランス京東旗艦店>
アデランス京東旗艦店

アデランス京東旗艦店では、商品の付加価値を重視する上位中間層の30代以上の男女をコアターゲットに、シャンプーやトリートメント、育毛剤など様々なヘアケア商品や美容機器を販売する。

現在、中国国内では、全20店(2016年12月末日現在)の実店舗で男女オーダーメイドウィッグの販売、増毛、育毛サービスを提供し、レディメイドウィッグ商品の販売も行い、百貨店を中心に出店していた。

今回、「アデランス京東旗艦店」を通じ、48年以上の毛髪研究のノウハウのもと開発したヘアケア商品・美容機器等を販売することで、越境ECで中国国内での売上とブランド認知拡大を図る。

取扱商品は、ヘアケア商品(男性用・女性用)、美容機器(男性用・女性用)。

「中国越境ECモール」京東全球購(JD Worldwide)」を運営する「京東集団」は、中国のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場で第2位のシェアを誇るインターネット通販企業。

中国のBtoC-EC市場規模は、日本のBtoC-EC市場規模(895.5億ドル)の7.5倍以上となる年間6720億ドルを越え、日本製品のターゲット市場として大きく注目されている。

中国国内でのBtoC-EC市場規模が急拡大する一方、相次ぐ中国製品の品質トラブルを理由に、上位中間層を中心に、化粧品やヘアケア商品にも“安心・安全”や品質の高さを求める傾向があるという。

■アデランス京東旗艦店
https://aderans.jd.hk/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧