小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

訪日外国人旅行消費額/7~9月は26.7%増の1兆2305億円

観光庁は10月18日、2017年7~9月の訪日外国人消費動向調査(速報)で、訪日外国人旅行消費額が前年同期比26.7%増の1兆2305億円になったと発表した。

<訪日外国人旅行消費額と訪日外国人旅行者数の推移>
訪日外国人旅行消費額と訪日外国人旅行者数の推移
出典:日本政府観光局(JNTO)

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が5432億円(構成比44.1%)と最も大きい。

次いで、台湾1490億円(同12.1%)、韓国1361億円(同11.1%)、香港941億円(同7.6%)、米国618億円(同5.0%)の順となっており、これら上位5か国・地域で全体の80.0%を占めた。

<訪日外国人1人当たり旅行支出の推移>
訪日外国人1人当たり旅行支出の推移
出典:日本政府観光局(JNTO)

訪日外国人1人当たり旅行支出は16万5412円で、前年同期(15万5123円)に比べ6.6%増加した。

国籍・地域別にみると、ベトナム(26万円)、中国(23万8000円)、フランス(23万5000円)の順となった。

費目別に訪日外国人旅行消費額の構成比をみると、買物代が34.2%と最も多く、次いで宿泊料金(29.7%)、飲食費(21.1%)の順となり、前年同期に比べ、宿泊料金の構成比が1%ポイント拡大した。

訪日外国人1人当たり旅行支出を費目別にみると、買物代が5万7000円と最も高く、次いで宿泊料金(4万9000円)、飲食費(3万5000円)の順で高くなった。

宿泊料金は欧州やオーストラリアで高い傾向がみられ、特にドイツ(10万6000円)で高い。娯楽サービス費はロシア(1万1000円)が最も高く、買物代はベトナム(11万9000円)と中国(10万5000円)が高くなった。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧