小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東急ハンズ/通販サイトへの不正アクセスで861件の個人情報流出

東急ハンズは9月30日、通販サイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」への不正アクセスにより個人情報が流出したと公表した。

9月9日、一部のクレジットカード会社から、通販サイトを利用したお客のクレジットカード情報の流出懸念について連絡を受け、通販サイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」・「東急ハンズネットストア」・「アートメーター」の利用停止した。

同時に、社内での対策本部を設置すると共に、第三者調査機関による調査も開始し、9月26日に調査機関による調査が完了し、2016年1月4日~9月9日の期間に「ハンズ・ギャラリー マーケット」で作品を購入した客の情報が流出し、一部のクレジットカード情報が不正利用された可能性があることを確認した。

原因は、通販サイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」のシステムの一部の脆弱性をついたことによる第三者の不正アクセス。

一部のクレジットカード情報を含む個人情報(861件)が流出した可能性があることが判明した。

ハンズ・ギャラリー マーケット以外の通販サイト「東急ハンズネットストア」・「アートメーター」では、同様の事案は発生していないことを確認した。

個人情報が流出した可能性のあるお客には、電子メールと書状でお詫びとお知らせを個別に連絡している。

同社では、再発防止のための対策を講じ、「アートメーター」は既に再開し、「東急ハンズネットストア」は9月30日より再開した。なお、「ハンズ・ギャラリー マーケット」は、改修後、再開する予定。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧