小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

寺岡精工、ALSOK/小売業に現金管理トータルサービス運用開始

寺岡精工は3月3日、綜合警備保障(ALSOK)と現金管理トータルサービスの実用化に向けた運用を3月より開始すると発表した。

<サービスのイメージ>

サービスは、閉店後のレジ締め作業時間の大幅短縮・レジ間での釣銭補充・金庫金とレジの現金の一括管理などを実現した寺岡精工の「キャッシュマネージメントシステム」と、両替・出金・売上金計算・小口管理・口座振込など店舗の運営をトータルでサポートするALSOKの「入出金機オンラインシステム」を連携したシステム。

キャッシュマネージメントシステム(POSシステム)で店舗内(セミセルフレジ、金庫、入出金機内)の現金を「見える化」することで、レジ間やレジと入出金機間での現金リサイクルを可能にし、キャッシュフローを改善する。

キャッシュマネージメントシステムの「見える化」データや過去の釣銭使用実績などからALSOKが最適な釣銭を算出し、タイムリーに店舗に配送することでキャッシュフローを改善する。

入出金機オンラインシステムとキャッシュマネージメントシステム(POSシステム)は個人ごとの操作権限設定が可能。

操作履歴からレジ別現金在高過不足の原因追求が容易なため、アルバイトでも簡単・確実に現金の処理ができ、労働生産性が向上する。

■キャッシュマネジメントシステム
http://www.teraokaseiko.com/jp/solutions/SOL00002/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧