流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

コープネット事業連合/プリペイド式電子マネー付きポイントカード導入

富士通は、生活協同組合連合会コープネット事業連合(以下:コープネット事業連合)に、富士通エフ・アイ・ピーの「FUJITSU リテイルソリューション サーバ管理型電子マネーサービス」と電子マネーチャージ機を提供する。

<提供した「サーバ管理型電子マネーサービス」の概要図>

サービスは、3月27日からコープネット事業連合に加盟する会員5生協の154店舗で稼働を開始する。

<ほぺたんカードのイメージ>

コープネット事業連合の会員5生協は、サーバ管理型電子マネーサービスの導入により、従来のポイントカードにプリペイド式電子マネー機能を備えた「ほぺたんカード」を新たに発行し、レジ処理のスピードアップやお得なサービスを提供することで、組合員の利便性と満足度の向上を実現する。

サーバ管理型電子マネーサービスは、富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷が共同で提供する、電子マネーの残高管理を行うクラウド型サービス。

サービス設計の支援から運用まで、電子マネーの導入・提供に必要な様々なソリューションをトータルに提供します。また、ユーザ会の開催やヘルプデスクなど、継続的なサポートを行う。

カード自体には残高情報を持たず、レジとサーバ間でのリアルタイムな通信により、入出金処理を行い、残高確認は、レジのほか、パソコンや携帯電話などの端末からも行うことができる。

販促施策をサポートするキャンペーン機能やマーケティング施策・経理処理のためのレポート機能など、豊富な機能を提供する。

チャージ(入金)は、店内のチャージ機またはレジにおいて、1000円以上1000円単位で最大50000 円まで行え、商品の購入代金に利用できる。

電子マネーで商品を購入すると、従来のポイントサービス(200円(税抜)につき1ポイント)に加え、「ほぺたんカード」利用による特典として「ほぺたんポイント」(200円(税抜)につき1ポイント)が加算されるため、従来の2倍のポイントが付与されることになる。

蓄積されたポイントは、1ポイント=1円で商品の購入代金に利用できる。

■FUJITSU リテイルソリューション サーバ管理型電子マネーサービス

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析