小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

パナソニック/小売・食品などの生産工程自動化で業務提携

パナソニックスマートファクトリーソリューションズ(PSFS)とスキューズは7月24日、ファクトリーオートメーション技術とロボティクス技術を用いた新たな自動化ソリューションに向けた業務提携をすると発表した。

食品加工業や外食業、製造小売業など、広くモノづくりに携わる業界で課題となっている人手不足の軽減や品質安定化などの解決を目的としたもの。

PSFSは、電子部品実装設備や溶接ロボットなどの分野において世界トップクラスのシェアを保持し、生産ライン全体を一括で管理・制御できるスマートファクトリー関連技術やRFIDなどの無線通信技術、高い信頼性が求められる設備のモノづくり力、国内外の販売・サービス網を有している。

一方、スキューズは、独創的なロボットの開発・製造とシステムインテグレーションを強みとしており、コンビニエンスストア向け惣菜製造工場における自動化ロボットシステムの企画・開発、据付、運用、保守に関する実績と経験を有している。

今後両社は、それぞれの事業基盤・ネットワークなどを最大限に活用し、相互に提供し合う形の提携を行う。

当面、両社は食品加工業界を中心に、自動化ソリューションに取り組む。

食品加工業界は、シニア層や単身世帯の増加、女性の社会進出といった社会環境の変化を背景に、中食(なかしょく)と呼ばれる調理食品の需要が増加するなど市場が拡大している。

一方で、少子高齢化のため人手不足が深刻化しており、手作業が多い弁当やおにぎり、惣菜づくりの生産プロセスで自動化へのニーズが高まっている。

そこで、両社で新たなソリューションを開発し、工場の安定稼働、生産品質の向上、トレーサビリティー、フードディフェンスの強化などに貢献する。

両社は食品加工業界のみならず、流通・物流・外食などの分野へと提携の範囲を拡大する予定だ。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧