小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本NCR/新型セルフレジでフレキシブルな店舗デザインを支援

日本NCRは9月7日、新型セルフレジ「NCR Fastlane SelfServ Checkout Release 6J NCRフレックスセルフ(以下フレックス セルフ)」、「NCR RealPOS XR7J」、「NCR Fastlane モバイルショッパー」を発表した。

<右フレックスセルフ、左モバイルショッパー>
右フレックスセルフ、左モバイルショッパー

日本市場で10年以上にわたって培ったセルフレジのノウハウをベースに、高感度でタッチ位置補正不要の最新タッチパネルを搭載。つり銭排出スピードの向上、設置面積の縮小化を実現したコンパクトモデルで、消費者や店舗スタッフの利便性を一層向上させる設計になっている。

極小化された設置面積によって、店舗の状況に応じてセルフレジ、支払いセルフレジ、電子マネーチャージャーと多目的利用が可能なセルフペイメント端末。また、二人制構成時にキャッシャー端末として利用することも可能となっている。

自動販売機と同じ紙幣の挿入方式を採用し、操作性を向上させた。さらに、セキュリティカメラの導入対応、監視端末のモバイル化も図った。
 
ディスプレイの高さ、操作部のコンパクト配置、タッチパネル入力補助装置のオプション接続によって、ユニバーサルデザインを考慮している。

「NCR RealPOS XR7J」は、ベゼルレスのタッチパネル一体型端末であるRealPOS XR7をベースに、無線LANアダプター、無停電電源供給装置(UPS)、POSプリンターを一体化。設置場所を選ばないコンパクトなデザインを実現している。

また、USBポートやシリアルポートの拡張性、SSD(Solid State Disk)、防塵・防滴といったPOSに必要とされる堅牢性を備えている。

「NCR Fastlane モバイルショッパー」は、消費者が自身のスマートフォン、もしくは店舗設置の専用スキャナーを使って、商品を棚から取り出したそのタイミングで自身で商品登録(スキャニング)を行う。

販売員による商品登録(スキャニング)が必要なくなることで、レジカゴからの詰め替え時間も削減。支払い処理は、レジを利用せずにそのままショッピングを終えられるオンラインでの決済、または店舗設置のレジ、セルフレジで行える。

さらに、モバイルショッパーでは、消費者の趣味・し好に合わせたプロモーション情報の送信、ショッピングリストや商品情報を商品登録時に参照できるため、消費者に新たなショッピング体験を提供するとともに、店舗では支払い処理に掛かる作業を軽減することができる。

NCRコーポレーションのダスティ・ラッツ バイスプレジデントは、「NCRはセルフレジの分野で約73%のシェアを持っている。機能的で、小型のセルフレジの提供により、フレキシブルな店舗設計、レジ待ち時間の削減、労働コストの低減、顧客サービスの充実を支援する。セルフレジの多様化で、消費者もニーズにあった支払い方法が選択できる。これからも、ショッピング改善と改革に貢献したい」と話している。

<ダスティ・ラッツ バイスプレジデント>
ダスティ・ライツ バイスプレジデント

■問い合わせ先
日本NCR マーケティング・コミュニケーション部 笛田理枝子、波多野美緒
Tel:03-6759-6600(直通)
Fax:03-3553-1071

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧