小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

H&M/渋谷旗艦店にキッズコーナー導入

H&Mは2月9日、東京都渋谷区の旗艦店「H&M SHIBUYA」3階に、キッズコーナーを導入した。

<H&M SHIBUYAのキッズコーナー>
H&M SHIBUYAのキッズコーナー

レディースフロアである3階の約半分となる約400m2を改装し、キッズコーナーを設けた。

これまで、レディースとメンズをH&Mの基礎固めとして、フォーカスしたがキッズには十分に注力できていなかった。そのため、非常にポテンシャルの高いキッズにもフォーカスする一環。

<新生児向けの商品も展開>
新生児向けの商品も展開

H&M SHIBUYAでは、対象年齢が、0歳から6か月の新生児、6か月から24か月のベビー、18か月から8歳のキッズを展開する。

9歳から14歳を対象としたH&Mヤングの商品ラインは、H&M SHIBUYAでは扱わないが、大型店であるH&M SHINJUKUやモール内店舗などで販売している。

<ガールコーナー>
ガールコーナー

店舗の奥に新生児コーナーを配置し、キッズの入口に向けて成長年齢が上がっていくフロア構成を採用した。

<ボーイコーナー>
ボーイコーナー

ワンピースなどのファッション・アイテム、帽子やサングラス、靴などのファッション小物まで豊富なラインナップを展開する。

<ガールのアクセサリー>
ガールのアクセサリー

<ボーイの帽子とサングラス>
ボーイの帽子とサングラス

キッズもレディース・メンズと同様に、シューズから帽子まで全身を手ごろな価格でコーディネートできる仕組みを踏襲している。

<豊富なサイズ展開を提供>
豊富なサイズ展開を提供

ベビーウェアは最大で、50cm、56cm、62cm、68cm、74cm、80cm、86cmの7サイズを、キッズウェアも最大で、92cm、98cm、104cm、110cm、116cm、122cm、128cm、140cmの8サイズを展開する。

<ボーイのデニムのディスプレイ>
ボーイのデニムのディスプレイ

<ガールではダメージ加工のデニムも展開>
ガールではダメージ加工のデニムも展開

次>> 親子でトレンドのコーディネートを楽しむ提案も

次へ> 1 2 3 4
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧