小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東京駅/グランスタ第2期増床で21店が新規出店、目標年商25億円

JR東日本グループの鉄道会館は4月27日、東京駅構内の商業施設「グランスタ」と「グランスタ丸の内」の第2期増床をオープンする。

JR東京駅丸の内地下エリアで、エキナカ商業施設「グランスタ」とエキソト商業施設「グランスタ丸の内」を広げた。

雑貨・コスメ・カフェ・サービスなど、グランスタに5店、グランスタ丸の内に16店、合計21店が出店し、合計店舗面積は約3600m2で、目標年商は25億円。

<グランスタ丸の内の配置図>

2016年夏から2017年夏にかけて、丸の内地下エリアの商業施設を増床リニューアルする一環。2016年7月27日に第1期として23店が開業した。第1期の年間売上高は約40億円で、ほぼ計画どおりに推移した。

6月下旬に第3期、8月下旬に第4期を開業し、3期~4期の目標年商は約35億円。

全4期が開業すると、グランスタ丸の内、グランスタ新エリアの合計店舗数は55店となり、年商100億円を見込む。

既存のエキナカ商業施設「グランスタ」のレジ通過客数は1日平均4万5000人で、年末の繁忙期は1日8万人となっている。

エキナカ、エキソトに新たな商業施設を設置することで、駅利用者の潜在需要を掘り起こしたいという。

<各期開業エリア>

丸の内地下中央改札口は、東京メトロ丸の内線東京駅につながっており、1日平均で12万人が通行する。丸の内から八重洲地下街へ続く、八重洲側自由通路は、1日平均で約5万人が通行している。

これまでは通路しかなかったスペースに新たに商業施設を設置した。

開発コンセプトは「広がる東京駅時間」で、駅利用者だけでなく、東京駅やその周辺エリアの生活者へ新たな価値の提供を目指す。

既存のエキナカ商業施設「グランスタ」は、弁当・惣菜・銘菓を中心とした駅利用者のニーズに対応した店舗を集積している。

駅の利用者のほかに、東京駅で周辺で働く人、東京駅を訪れる人までターゲットを拡大し、街の中で買い物を楽しむような空間を目指した。

<5 CROSSTIES COFFEE>

店舗構成は、東京駅の商業施設で欠落している要素やニーズの高い要素を考慮した。

<改札内の客席>

東京駅では、気軽にコーヒーやお茶を楽しむ店舗が少ないことから、ハンドドリップのコーヒーも提供する「5 CROSSTIES COFFEE」を誘致した。

<メニューの一例>

改札内、改札外のどちらからでも利用できる店舗で、駅利用者の休息の場所を提供する。

<ENOTECA>

本格的なバーカウンター「ランデヴー」を設け、ワインショップ・エノテカが出店し、駅でありながら、本格的なワインを提供する。

<ランデヴー>

バーカウンターは6席で、そのほか店内で立ち飲みにも対応する。毎月一回は、有料のワインセミナーを開き、ワインファンを増やしていきたいという。

次>> コスメを充実

次へ> 1 2 3 4

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧