流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

ドラッグイレブン/東京進出で京橋店を出店、3年で都内10店体制へ

JR九州ドラッグイレブンは7月11日、東京都中央区の東京メトロ銀座線京橋駅前に、東京初出店となる「ドラッグイレブン京橋店」をオープンした。

<ドラッグイレブン京橋店>
ドラッグイレブン京橋店

同社は2月末時点で、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄、山口にドラッグストア184店、調剤薬局23店、合計207店を展開する。

<今林社長>
今林社長

今林泰社長は「これまで九州で成長してきたが、人口が増えているのは東京と福岡だけだ。今後の成長のためには人口が増えている地域への出店が必要だ。当社の強みはカウンセリング力やTポイントを活用したマーケティング力だ。物流面や人材面でコストは高くなるが、1年間で3店、3年後に都内10店体制を目標としている」と語る。

既に、沖縄・山口といった九州から離れた地域の店舗運営を行っており、飛び地での出店ノウハウもある。主要取引先はパルタックとアルフレッサで、全国卸のネットワークを活用した物流のサポートもあるという。

<1階の全景>
1階の全景

店舗は2フロア構成で、1階に食品や日用雑貨を中心としたコンビニ系商品と医薬品、2階に女性OL向けの化粧品コーナーを展開する。

<2階化粧品コーナー>
2階化粧品コーナー

店舗面積は1階約118m2、2階86m2、合計約204m2。日用品雑貨3000アイテム、化粧品3000アイテム、パーソナルケア(シャンプーなど)3000アイテム、食品1000アイテム、合計1万アイテムを展開する。

<1階医薬品コーナー>
1階医薬品コーナー

次>> 天神地区のノウハウを東京でも生かしたい

次へ> 1 2 3 4
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析