小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンスタイル新浦安MONA/売場の3割がイートイン、店で食べる惣菜を提案

イオンリテールは7月28日、JR新浦安駅前の商業施設「新浦安MONA」1階に「イオンスタイル新浦安MONA」をオープンした。

<イオンスタイル新浦安MONA>
イオンスタイル新浦安MONA

2月19日に閉店した食品スーパー「ピーコックストア新浦安店」を、イートインと食品スーパーが融合した新業態としてリニューアルするもので、新しい小型フードマーケットと位置付けた。

新浦安駅前には5月19日にリニューアルオープンした総合スーパー「イオン新浦安店」が新浦安MONAに隣接していることから、サテライト店としての住み分けを目指した。

<イートインスペース>
イートインスペース

店舗面積は約1147m2で、売場面積は約845m2、売場の3割をイートインスペースにしたのが特徴で、84席のイートインスペースを設置した。売上目標は、旧ピーコックストア対比で20%増。

商圏は、500m圏・人口1万2000人、駅周辺の就労者約9000人、JR新浦安駅の乗降客11万人を想定。30~40代の働く女性、単身者、駅利用者がメインターゲット。

駅前立地という特徴を生かし、直営のデリカ専門店3店を設けることで、購入した商品をフードコートのように店内ですぐに食べるライフスタイルを提案する。

<ペルグラーノ>
ペルグラーノ

従来型の持ち帰り型惣菜ではなく、店内のイートインスペースで食べることを重視したパスタ専門店「PERGANO(ペルグラーノ)」、セミセルフ型の惣菜専門店「リワードキッチンプラス」、手作りサンドイッチ専門店「Sandwich shop」をイートインスペースに併設した。

<ペルグラーノ調理の様子>
ペルグラーノ調理の様子

ペルグラーノは注文を受けてから調理する生パスタ専門店で、7月14日に神戸市にオープンした「イオンスタイルumie」に続く2店目。

直営デリカ専門店は、既存のデリカ部門が商品開発を担当した。

従来の惣菜は持ち帰って、再加熱して食べることを重視した商品開発だったが、今回は、店舗でできたてをすぐに食べることを重視した商品開発をしたという。

<ペルグラーノのメニュー>
ペルグラーノのメニュー

パスタは単品で税込421円~950円まで10種類を提供。サイドメニューとして、バゲットとドリンクセット216円、サラダとドリンクセット216円、バゲットとサラダとドリンクセット324円、セットドリンク100円を用意した。

<リワードキッチンプラス>
リワードキッチンプラス

惣菜専門店「リワードキッチン」は、よりトレンドの素材を取り入れた「リワードキッチンプラス」の1号店としてオープンした。

<リワードキッチンプラスの商品提供の様子>
リワードキッチンプラスの商品提供の様子

カスタムサラダ&デリ2品(1058円)、カスタムサラダ&デリ3品(1382円)を販売。「美と健康」を意識した野菜中心のDELIを提供する。

カスタムサラダは、トッピングとドレッシングを選ぶことができ、デリは約10品目から選ぶことができる。

<Sandwich shop>
Sandwich shop

Sandwich shopは、イオン初の手作りサンドイッチ専門店。野菜は1品につき、3種類以上を使用し、こだわり具材とパン、ソースとのベストな組み合わせのサンドイッチを開発した。

<惣菜系サンドイッチ>
惣菜系サンドイッチ

<スイーツ系サンドイッチ>
スイーツ系サンドイッチ

デザート感覚で食べれるスイーツ系も取りそろえ、300円代を中心に、30種類のサンドイッチを販売する。

<セットメニュー>
セットメニュー

Sandwich shopでは、9時~14時にサンドイッチにプラス50円でコーヒーかスープが付くモーニング・ランチセットを販売。

14時~18時は、サンドイッチ2つのプラス50円でコーヒーかスープが付くサンドイッチセットも販売する。

<イオン新浦安店>
イオン新浦安店

イオン新浦安店は30代~40代の子育て世代をメインターゲットとして、週末のまとめ買いにも対応するのに対して、新浦安MONAは働く女性や単身者、高齢者世帯の普段使いの店舗を意識した。

イオン新浦安店の食品売場の平均客単価は約2000円だが、新浦安MONAの平均客単価は、デリカを中心に利用されることを想定し1200円程度。

デリカ部門の売上構成比は、イオンリテール全体では約25%だが、新浦安MONAでは35%を目標とした。

5月19日に先行したリニューアルオープンしたイオン新浦安店1階には、惣菜売場を約1.5倍に拡大した「イオンスタイル新浦安店」を展開している。

リニューアル後は計画を超える売上となっており、特にデリカ部門は改装前の約2倍の売上となっている。

デリカへのニーズが高いことを受け、新浦安MONAでは、その場で食べる惣菜を打ち出したという。

<地中海コーナー>
地中海コーナー

食物販でもイオン新浦安店との住み分けを目指し、新浦安MONAの独自性を打ち出した。

バリラのパスタ・パスターソースや有機とうもろこしと有機米で作られている「アルチェネロ グルテンフリー」のパスタや有機オリーブオイルなどを集積した地中海コーナーを導入した。

<ランチパックコーナー>
ランチパックコーナー

全国各地の工場のランチパックを週替わりで、最大32種類販売する「ランチパックコーナー」も配置した。

開店時は、札幌・名古屋・広島・福岡のランチパックを提供。今後、毎週3~5品、各工場の商品が登場する。

<舞浜の地ビールを導入>
舞浜の地ビールを導入

隣駅の舞浜の地ビール「ハーベスト・ムーン」(全5種・各432円)を販売し、地元商品も訴求する。

今後の計画は未定だが、総合スーパーの食品売場を中心に、イートインを拡大し、その場で食べることを重視した惣菜売場を設置するリニューアルを進めていくという。

店舗概要
所在地:千葉県浦安市入船1-5-1
MONA新浦安1階
店舗面積:約1147m2
売場面積:約845m2
営業時間:9時~22時
休業日:年中無休

<新浦安MONA>
新浦安MONA

<リワードキッチンの惣菜>
リワードキッチンの惣菜

<選べるトッピングとドレッシング>
選べるトッピングとドレッシング

<リワードキッチンにはカフェを併設>
リワードキッチンにはカフェを併設

<リワードキッチンではカレーも販売>
リワードキッチンではカレーも販売

<ペルグラーノ商品>
ペルグラーノ商品

<ペルグラーノではアルコールも販売>
ペルグラーノではアルコールも販売

<インストアベーカリー>
インストアベーカリー

<タルトを活用した見栄えのする惣菜>
タルトを活用した見栄えのする惣菜

<既存商品の弁当類も充実>
既存商品の弁当類も充実

<惣菜のばら売りコーナー>
惣菜のばら売りコーナー

<洋惣菜コーナー>
洋惣菜コーナー

<ワインコーナー>
ワインコーナー

<チーズコーナー>
チーズコーナー

<新浦安MONAのオリジナル商品>

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧