小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

仏冷凍食品専門店「ピカール」/代官山にイートインとワークショップスペース併設店

イオンサヴールは10月4日、東急東横線「代官山駅」直結の商業施設「代官山アドレス・ディセ」2階に「Picard(ピカール)代官山店」をオープンした。

<ピカール代官山店>
ピカール代官山店

ピカールは、フランスのPicard Surgeles SAS社が展開する冷凍食品専門店。日本では、イオンとPicard Surgeles SAS社が業務提携し、イオンの100%子会社のイオンサヴールが運営している。

<店内>
店内

レストランやカフェなど外食で提供されるレベルの高品質な冷凍食品を提供し、前菜、メイン、デザートまで食事の全てをカバーできるのが特徴。野菜やフルーツなど素材の冷凍食品も販売する。

<イートインスペース>
イートインスペース

代官山店の売場面積は136m2で、うち34m2のイートインスペースを設け、客席21席を配置した。

日本では2016年10月、青山骨董通りに1号店を出店、同年12月に麻布十番に2号店、2017年1月に中目黒に3号店を出店している。

イートインスペースは3号店の中目黒で試験的に導入していたが、今回初めて、イートインスペースを本格導入した。

<小野社長>
小野社長

小野倫子社長は、「ピカールの冷凍食品の味わいを気軽に楽しんでもらう場として、イートインスペースを設置した。冷凍食品と一緒にコーヒーやオレンジジュースを楽しんでもらうためにカフェも併設した。当初は月に1回の頻度だが、将来的には週に1回程度、ワークショップを開き、ピカールの認知度を高めていきたい」と語る。

<カフェの注文カウンター>
カフェの注文カウンター

<イートインでは、ワークショップも開催できる>
イートインでは、ワークショップも開催できる

店内には、230SKUの冷凍食品を展開する。レンジアップに対応する商品のうち22品目を対象に、コーヒーやオレンジジュースとのセット販売を実施し、ドリンクを100円引きで提供する。

<ドリンクとのセット販売も実施>
ドリンクとのセット販売も実施

ホットコーヒー税込250円、カフェラテ300円、オレンジジュース(2個使用)250円など、手ごろな価格でドリンクを販売する。

イートインスペースはフランス国内では、大学の近くの店舗など一部で展開している。代官山店でも、あくまでピカールの冷凍食品の味を知ってもらうスペースと位置づけおり、今後の出店でイートインスペースを設置するかは未定だという。

<ドリンクメニュー>
ドリンクメニュー

ピカールの冷凍食品は、電子レンジだけなく、オーブントースターや鍋、フライパンなどを使って調理する商品もあるため、商品ごとに調理方法を伝えるアイコンをつけた。

<調理補法をアイコンで表示>
調理補法をアイコンで表示

今後は、各商品ごととに最適な電子レンジでの温め時間や調理方法などの情報を掲載し、より調理しやすい提案をする予定だ。

<前菜からデザートまでを品ぞろえ>
前菜からデザートまでを品ぞろえ

次>> 商品特徴はアイコンで表示、スタッフのお気に入りも訴求

次へ> 1 2
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧