流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

ドラッグストア/インバウンド消費購買件数、2か月連続で増

カスタマー・コミュニケーションズは6月26日、5月のドラッグストアにおけるインバウンド消費動向を公表した。

<ドラッグストアにおけるインバウンド消費の購買件数(インバウンド店舗1店舗あたりレシート枚数/単位:枚)>

インバウンド消費購買件数は、4月と比べると5.6%減少したものの、前年同月比6.7%増だった。

1レシートあたりの購買単価は1万4345円で、前年同月比2.8%減。しかし、ドラッグストア全体の平均購買単価1722円と比較すると8倍を超えており、ドラッグストアにおけるインバウンド消費の影響は変わらず大きい。

インバウンド売上個数ランキングの1位は専科 パーフェクトホイップn120g、2位はUHA味覚糖 コロロ グレープ48g、3位がサンテFXネオ12ml。

資生堂の洗顔料「専科 パーフェクトホイップn 120g」が2ヶ月連続第1位。医薬品カテゴリで最も売れている目薬「サンテFXネオ 12ml」は、3月に8位、4月には5位と順位を上げ、3位に上昇した。

なお、インバウンド消費の定義は、全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析を実施している。

■インバウンド消費 実売動向レポート
http://www.truedata.co.jp/inbound/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析