小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

団塊ジュニアをいかにしてつかむか?/団塊ジュニア・ショッパー研究セミナー

流通経済研究所は10月27日、「団塊ジュニアの買物行動を考える ~団塊ジュニア・ショッパー研究セミナー」を開催する。

「最後のボリュームゾーン」である団塊ジュニアをいかにしてつかむか?、といった課題に活用できる情報を提供します。

団塊ジュニアは、過去の同年代に比べ世帯類型が多様化し、「マスでは大きいが、ひとくくりでとらえることができない」セグメント。団塊ジュニア世代の世帯類型にも着目し、消費行動の特徴を明らかにする。

■開催概要
日時:10月27日(金)13:00~17:00
会場:アルカディア市ヶ谷
東京都千代田区九段北4-2-25
JR、東京メトロ有楽町線、都営新宿線「市ヶ谷」駅 A1出口2分
参加費用:1名につき税別30,000円(税込32,400円)
受講対象者:
・小売業でMDや販促、マーケティングに関わる方
・消費財メーカー・卸売業で店頭施策開発やMD提案に関わる方
・広告代理店、SP企業でメーカー・卸売業・小売業への企画提案に関わる方

■詳細・申し込み
http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_171027.html

■プログラム
13:00~13:10
始めに セミナーのねらいと概要
流通経済研究所
主任研究員 祝 辰也

13:10~14:00
1.“団塊ジュニア”世代の特徴と生活者意識
 “団塊ジュニア”世代のライフヒストリーを確認し、そこから見られる“団塊ジュニア”世代の消費意識を考察します。
また、電通「消費潮流」調査、電通消費マインド調査の結果から、“団塊ジュニア”世代に特徴的に見られる生活者意識、今後のライフコース、消費のトレンドについて、各世代と比較しながら検討します
電通 
マーケティングソリューション局
シニア・マーケティング・マネージャー 松本 泰明氏

14:10~15:20
2.“団塊ジュニア”ショッパーの買物に関する意識と行動
流通経済研究所が実施した消費者調査から、“団塊ジュニア”ショッパーの主要小売業態の利用状況、主要な商品カテゴリーの各業態での購買状況などを確認します。 
また、買物に関する意識、考え方、価値観の特徴を、他の世代との比較によって明らかにします。
さらに、未婚率の高い“団塊ジュニア”の買物の特徴を探るために、未婚の“団塊ジュニア”ショッパーに対するインタビューから見えてくる買物行動やその背景にある意識の特徴を紹介します。
流通経済研究所
主任研究員 鈴木 雄高

15:30~16:40
3.購買データで見る団塊ジュニアの買物行動の実際
購買データ分析を用いて、以下のような切り口を中心に“団塊ジュニア”ショッパーの買物行動の特徴を明らかにします。
・世帯属性(未既婚・子供の有無・世帯年収等)
 ・利用業態
 ・主利用(プライマリー)チェーン
 ・価格志向
 ・購買商品の特徴
 ・上の世代との比較
流通経済研究所
主任研究員 祝 辰也

16:40~17:00
4.まとめ
“団塊ジュニア”ショッパーへの対応
流通経済研究所
主任研究員 祝 辰也

■問い合わせ
流通経済研究所
担当:伊藤、祝
東京都千代田区九段南4-8-21 10F
TEL:03-5213-4532 
FAX:03-5276-5457

<年齢別人口>
年齢別人口
(出所:2015年国勢調査より作成)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧