小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マーケティングリサーチ入門セミナー/11月29日開催

マーケティング研究協会は11月29日、元外資系飲料メーカーのリサーチマネージャー、砂盛文孝氏を講師に迎え「マーケティングリサーチ入門セミナー」を開催する。

昨今の消費者ニーズと消費者接点の多様化により、定量データだけでは捉えられない「消費者の声」を「どのように拾い、どのように活かすのか」という、定性データの分析活用もマーケティング活動の重要なカギとなっている。

本セミナーでは、マーケティングリサーチについて砂盛講師の経験談、具体例を交えながら、どのような場面で、どのようなリサーチを、どのように実務に有効活用できるのか解り易く体系的に詳説する。

セミナー後半ではリサーチの設計をワークを通して体験、最新のマーケティングリサーチのトレンドや活用についても解説する。

■開催概要
日時:11月29日(水)13:00~17:00
会場:マーケティング研究協会 セミナールーム
東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階
http://www.marken.co.jp/company_information/
受講料:39,960円(税込)※飲料等を用意しています。
対象:主に消費財メーカーのマーケティング担当者、リサーチャー、商品企画・開発担当者
・日々の業務でマーケティング、リサーチ、商品企画・開発に関わる方
・マーケティング・リサーチを体系的に理解し、実務に活かしたい方
・マーケティング・リサーチの理解を深めマーケティング活動の俯瞰的視点を持ちたい方
・マーケティング・リサーチの基礎を社内で共有、教育をしたい方

■詳細・申し込み
http://www.marken.co.jp/seminar/2017/11/post_563.php

■プログラム
1.マーケティング・リサーチってなに??
・マーケティング・リサーチをする目的は?
・定量調査の役立つ場面と方法 郵送調査・電話調査・会場調査 etc…
・定性調査の役立つ場面と方法 グループインタビュー・デプスインタビュー・行動観察調査 etc…
・実験調査

2.どのような場面で、どのようなリサーチが必要??
・市場・自社の現状を理解する
・コンセプトの核を発見する ~消費者インサイト
・コンセプトを磨く
・顧客とのコミュニケーション ~PR戦略・広告・販売促進
・需要を予測する
・お客様の評価を知る ~ブランド評価・認知度・顧客満足

3.効果的な調査のためのリサーチブリーフの作り方
・マーケティング課題からリサーチ課題への変換
・仮説探索か仮説検証か
・リサーチの対象はだれ?

4.調査を企画してみよう
・良い調査企画と気を付けたいポイント

5.マーケティング・リサーチを実務で有効活用するためには?
・精度の向上と知見の蓄積をめざす
・ビジネス判断のルール作り、リサーチの標準化

6.デジタル時代のマーケティング・リサーチ
・マーケティング・リサーチのトレンド、新しい潮流

■講師
インサイトファクトリー 
代表/リサーチャー
砂盛 文孝氏

略歴:炭酸飲料、スポーツドリンクなどで有名な外資系飲料メーカーにてリサーチマネージャー
として消費者インサイトに基づくマーケティング意思決定支援およびリサーチツールの開発、
導入業務に従事。
2009年にインサイトファクトリーを設立し現在に至る。
現在はインサイトファクトリーの代表、リサーチャーとしてリサーチデータの分析、調査結果を提供するだけでなく、そこから導き出されるインサイト(消費者の潜在ニーズ)を元に、クライアントの商品開発、ブランド戦略、インストアコミュニケーション等の意思決定支援を行っている。
クライアントに寄り添ったリサーチ、コンサルテーョンに定評があり、一般消費財メーカーからサービス業まで様々な業界のマーケティング活動の支援に活躍中。

■問合せ
マーケティング研究協会 
セミナー事務局
http://www.marken.co.jp  
TEL:03-5227-5711

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧