小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

H&M/旗艦店H&M SHIBUYAにキッズを導入

H&Mは2月9日、東京・渋谷の旗艦店H&M SHIBUYAにキッズを導入する。

<キッズの一例>
キッズの一例

レディースフロアの3階を一部リニューアルし、2017年からフロア半分ほどの面積にキッズを展開する。

H&M SHIBUYAでは、新生児(0-6か月)、ベビー(6-24か月)、キッズ(18か月-8歳)を対象に、日常使いできるパンツやTシャツ、ジャケットやワンピースなどのファッション・アイテム、帽子やサングラス、靴などのファッション小物まで豊富なラインナップを展開する。

限定店舗のみの取り扱いとなる、H&Mの最もハイエンドなコレクション「H&M Studio」や、サステイナブルなファッションをコンセプトとした「Conscious Exclusive」などのキッズラインも導入し、親子で最新トレンドのコーディネートを楽しめる。

そのほか、H&Mの定番商品として、サステイナブルな素材(オーガニックコットン)を使用したキッズアイテムも豊富に展開する。

館内はエレベーターが完備しており、ベビーカーのお客も安心して買い物ができる。

H&M SHIBUYAは1月20日にキッズコーナーの一部をオープンし、その後も改装を進めながら、2月9日に正式にグランドオープンする。

2009年9月にH&Mの日本初旗艦店として開店したH&M SHIBUYAは国内最大規模の売場面積(約2800m2)を誇り、4フロアの店舗構成でレディース、メンズ、アンダーウェア、アクセサリーを展開している。

1月20日現在、国内に64店を展開しており、そのうち59店でキッズを取り扱っている。

キッズは、新生児(0-6か月、サイズ50-68)、ベビー(6-24か月、サイズ68-92)、キッズ(18か月-8歳、サイズ92-128)、H&Mヤング(9-14歳、サイズ134-170)の4つのサイズカテゴリーで展開する。

渋谷店は、ヤングの取扱いがないが、ファッショナブルで、遊び心に満ちたアイテムがそろい、機能性と安全性を重要視した商品を提案する。

店舗概要
所在地:東京都渋谷区宇田川町33-6
売場面積:約2800m2
店舗構成:4フロア
取扱商品:レディース、メンズ、キッズ、アクセサリー

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧