小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

森トラスト/(仮称)赤坂二丁目プロジェクト開始

森トラストは2月10日、現在推進中の「(仮称)赤坂二丁目プロジェクト」が東京圏国家戦略特別区域会議において、新規の都市再生プロジェクトとして追加提案されたと発表した。

<プロジェクトの完成イメージ>
プロジェクトの完成イメージ

今後、プロジェクトが、東京圏国家戦略特別区域の特定事業として、内閣総理大臣による認定を受けるべく手続きを進める。

プロジェクトは、各国大使館や宿泊施設、多彩な文化・商業施設が集積する赤坂エリアに位置している。

東京を代表する国際的業務・商業地区としての発展が期待され、大型の再開発が活発化している一方、赤坂氷川神社や大名屋敷跡など、江戸文化を今に伝える名所が点在する個性豊かな街区を形成している。

先進的なオフィス機能、国際級ホテル等の観光支援機能のほか、エリアの特性を活かし、日本独特の歴史・文化に興味を持つ観光客のニーズを満たす、ジャパンブランドの発信機能を複合した施設の実現を目指す。

これにより、東京駅近接の観光インフォメーションセンター「TICTOKYO」、「東京ワールドゲート」(2020年春竣工予定)の産業育成施設、仮称)赤坂二丁目プロジェクトを加えた都心の中心部の3か所において、「ジャパンブランドの発信」に向けた取り組みを行い、観光先進国を目指す日本の成長戦略の実現に貢献するという。

施設概要
計画地:東京都港区赤坂二丁目1722-1他
地域地区:商業地域、防火地域
竣工予定:2022年度

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧