小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アインファーマシーズ/銀座出店強化で「マロニエゲート銀座2」に出店

アインファーマシーズは3月15日、「マロニエゲート銀座2」地下1階に「アインズ&トルペマロニエゲート銀座店」をオープンする。

<アインズ&トルペマロニエゲート銀座店>

アインズ&トルペは、女性がもっと楽しく、もっと美しく暮らしていくためのコスメやファッション雑貨を中心に、独自の目で本当に推奨できる商品を集めた。

<店内>

明るく清潔感のあるフロアで楽しいもの・わくわくするものを集め、アユーラ、リップス&ヒップス、ココデシカなどオリジナル商品も提案する。

<アユーラコーナー>

同社は「アインズ&トルペ」のブランディングの一環として銀座地区への出店を強化している。2016年11月には、銀座並木通りに銀座地区初出店となる「銀座並木通り店」をオープンした。

<リップス&ヒップスコーナー>

今回は銀座地区で2店目の出店で、今冬にももう1店舗を銀座地区に出店する計画だ。銀座地区に集中して出店することで、アインズ&トルペの認知度をアップさせる狙いだ。

<壁面にメイクアップ化粧品を配置>

マロニエゲート銀座は、20歳代~30歳代の働く女性やきれいママをターゲットとしており、アインズ&トルペの客層と重なるため出店した。

<ランキングコーナー>

店舗面積は約412m2で取扱いアイテム数は約1万SKU、一方で並木通り店は路面店で、店舗面積は約206.5m2で取扱いアイテム数は約7000SKUとなっている。

次>> 路面店と商業施設内の店舗では来店動機や客層が異なり、至近距離でも十分に住み分けできる

次へ> 1 2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧