小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アマゾン/東京の一部地域で「Amazonフレッシュ」サービス開始

アマゾンジャパンは4月21日、東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)で、Amazonプライム会員向けの新たなサービス、「Amazonフレッシュ」を開始した。

<Amazonフレッシュ>

Amazonフレッシュでは、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品といった1万7000点以上の新鮮で高品質な食料品のほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨も取り扱い、合計で10万点以上の商品を購入することができる。

一般的なスーパーで購入できる食品や日用品のほか、人形町今半の精肉、モンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」、Oisixの有機野菜など厳選した野菜や果物など、専門店のこだわりの食品・食材も多数取りそろえる。

契約農園から仕入れた採れたての新鮮な野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」を週に2回開催する予定だ。

配送対象エリアは、東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)から開始し、今後、順次拡大する予定だ。

Amazonプライム会員は、Amazonフレッシュの30日間の無料体験に登録でき、その後は月額500円(税込)でAmazonフレッシュを利用できる。

Amazonフレッシュは、Amazon.co.jpのWebサイトで利用でき、Amazonショッピングアプリからも利用できる。

■Amazonフレッシュ
https://www.amazon.co.jp/fresh

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧