小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東急不動産/池袋駅東口にシネマコンプレックスの大型商業ビル着工

東急不動産は6月22日、佐々木興業の協力のもと推進している(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクトを着工したと発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ

完成イメージ

池袋駅東口のサンシャイン通りに位置するプロジェクトで、地下2階地上14階建て、延床1.6万m2のビル。

地下1階から地上3階には、エリア特性に合わせた個性的な店舗を集積した、3300m2の商業フロアを計画し、中上層階には、佐々木興業グループが運営する12スクリーン・約2,500席の首都圏最大級のシネマコンプレックスが出店する予定で、2019年夏の開業を目指している。

国内最大級IMAXR次世代レーザー「IMAX with LASER」、体感型アトラクションシアター「4DXR」を導入する。

計画地の周辺では、豊島区庁舎・豊島公会堂跡地等の建替プロジェクトが着工し、2019~20年の開業を目指し計画が進められており、更なる賑わいやエリア回遊性が期待されている。

<アクセスMAP>
アクセスMAP

■(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックスプロジェクトの概要
所在地:東京都豊島区東池袋1-30-1ほか
交通:JR山手線等池袋駅徒歩4分
敷地面積:1,837.19m2
延床面積:16,627.91m2
用途:店舗、映画館他
開業:2019年度(予定)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧