小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン九州/子育て、地域コミュニティをテーマに新ショッピングセンター

イオン九州は7月29日、福岡県大野城市に「イオン乙金ショッピングセンター」をオープンする。

<店舗イメージ>
店舗イメージ

イオン乙金SCは、福岡県大野城市が「人と自然と歴史が調和した、新しいライフステージ」をコンセプトに進める福岡都市計画事業乙金第二土地区画整理事業の区画に、食や公園など「暮らしを楽しむ」ことをテーマにした「南街区」、ホットヨガ教室やペットショップなど「時間を楽しむ」ことをテーマにした「北街区」の2街区で出店する。

乙金地区は、30代・40代のファミリー層の居住が福岡県平均より約4.9ポイント高く、子育てを中心としたライフスタイルが特徴のエリア。基本商圏は、車10分圏内約5万7000世帯、約12万7000人を想定する。

イオン乙金SCは、「子育て」「地域コミュニティ」「便利さ」について地域の人々をサポートする、イオン九州がチャレンジする新しいコミュニティのカタチを具現化したショッピングセンターを目指す。

ショッピングセンターのシンボルとして南街区敷地面積の約7%を占める1600m2の公園を配置した。

遊具は3歳から12歳までの子どもを対象にしているが、誰でも利用できる。地域とともに「ルールを守って楽しく遊ぶ」ことを子どもたちが学び、地域の憩いの場所であり続けたいとの想いが込めた。

北街区にある大屋根の下には、イオン九州では初めての取り組みとなるコンテナエリアを配置した。

エリアには大小さまざまなコンテナを9個配置し、地域のチャレンジショップとして活用する。内容を定期的にアレンジすることで、常に新しい情報発信基地を目指す。

子育てシェアを運営するAsmamaと提携し、親子で参加できるイベントを定期的に開催する。イオン乙金SCを子育て中のパパ・ママのつながり拠点として、オレンジ色のTシャツを着たママサポーターたちに活躍してもらう。

イオン乙金SCでは、LINE@の友だちを募集する。友だちに登録すると、チラシやイベントなどのお得な情報や、友だち限定のクーポン、タイムラインでは従業員おすすめのトレンド商品などの配信を行う。

南街区では自社直営の「食」を核とした店舗が出店。公園を取り囲むよう配置されたテナントゾーンには、書籍、生活雑貨、イートインコーナーを設けることにより暮らしを楽しむ空間を提供する。

施設概要
所在地:南街区福岡県大野城市乙金3-24-1
北街区福岡県大野城市乙金3-23-1
TEL:092-513-0150(7月20日開通予定)
敷地面積:全体3万6909m2、南街区2万3410m2、北街区1万3499m2
延床面積:全体1万6031m2、南街区9017m2、北街区7014m2
直営面積:2590m2
専門店面積:南街区2445m2、北街区5093m2
建物構造:鉄骨平屋建て
駐車台数:566台
駐輪台数:95台
営業時間:イオン(直営)9時~22時
専門店10時~21時(一部店舗により異なる)
従業員数:施設全体約350人(イオン直営約120人)予定

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧