小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三井不動産/商業施設「(仮称)心斎橋筋一丁目計画」でGAP大型店も

三木楽器と三井不動産は、大阪市中央区心斎橋筋一丁目において、2社共同で商業施設を建設する「(仮称)心斎橋筋一丁目計画」を推進し、2018年秋開業を目指している。

<(仮称)心斎橋筋一丁目計画>
(仮称)心斎橋筋一丁目計画

同施設には三木楽器とギャップジャパンが入居。2017年2月に着工しており、竣工および開業は2018 年秋を予定している。

心斎橋筋商店街と鰻谷南通りの角地に位置した同施設は、敷地特性を最大限に生かし、1階・2 階にまたがるカーテンウォールを連続して設けることで、建物内の賑わいを外部発信する。商店街にさらなる賑わいを創出し、同エリアの更なる活性化と魅力の創造に貢献する。

ギャップジャパンが、店舗部分の地下1階、1階の一部、2階に出店し、アダルトブランドのGap、キッズブランドのGapKids、ベビーブランドのbabyGap など、カジュアルファッションアイテムを、バリエーションに富んだカラー、サイズで取りそろえる。

三木楽器は、1階の一部に店舗を出店、3階~5階で音楽教室を運営する。店舗部分には、同施設建て替えのため、2016年6月末より一時移転していた「三木楽器心斎橋店」を、ヤマハピアノ・エレクトーン専門店としてリニューアルオープンする。

同社は大阪・関西を中心に楽器・楽譜の販売や音楽教室の運営をはじめとした音楽・楽器関連事業を行っている。

三井不動産は、三木楽器から委託を受け、デベロップメントマネージャーとして、開発計画の立案、設計・施工管理を行っている。

■「(仮称)心斎橋筋一丁目計画」概要
所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-45-1
敷地面積:約440m2
延床面積:約2007m2

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧