流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

スターバックス/2020年に国内1500店へ

スターバックスコーヒージャパンは7月14日、東京・銀座の「スターバックスコーヒー銀座マロニエ通り店」で、6月22日に新CEOに就任した水口貴文代表取締役最高経営責任者(CEO)の就任会見を開いた。

<水口CEO(中央)>
水口CEO(中央)

水口氏は1989年に上智大学を卒業後、コンサルティング会社などを経て2001年にLVJグループ(現ルイ・ヴィトンジャパン)に入社し、グループ会社の副社長、CEOを歴任した後、同社取締役を務めた。

その後、2014年にスターバックスコーヒージャパンの最高執行責任者(COO)に就任している。

<国内店舗数の推移>
国内店舗数の推移

今後の日本国内での出店計画について、水口CEOは「前CEOの関根純氏の時代に策定した2020年に1500店という計画を踏襲する。郊外・都心部ともにまだ出店の余地はある」と語る。

2015年度のスターバックスコーヒージャパンは82店を出店し、期末店舗数は1178店まで拡大した。2015年5月23日には、唯一の未進出県であった鳥取県に出店し、全国制覇を達成した。

<出店フォーマット>
出店フォーマット

80店を超える出店は2008年のリーマンショック以来初めてで、出店を加速した年となった。売上高・営業利益とも増収増益を維持しているという。

出店の内訳は、地方・郊外店舗と都市型店舗が、それぞれほぼ半数となり、バランスの良い出店と評価している。

次>> まだ出店の可能性がある

次へ> 1 2 3 4
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報