流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

三陽商会の下請・仕入先実態調査/全国に405社、7割は中小企業

帝国データバンクは3月30日、三陽商会グループの下請・仕入先実態調査を発表した。

三陽商会は、2015年に英・バーバリーとのライセンス契約が打ち切りとなって以降、業績不振が続いている。

2月14日に発表した2016年12月期連結決算は、売上高が前期比30.6%減の676億1100万円、当期純損失は113億6600万円にのぼった。

売上規模が縮小するなかで、同社から受注している下請・仕入先業者の業績への影響等に注目が集まっている。

帝国データバンクでは、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(146万社収録)の中から、三陽商会と同社の国内主要関係会社の国内の下請企業、仕入先企業について分析した。

三陽商会グループの取引先実態調査は、今回が初めて。

三陽商会と同社の国内グループ企業(計5社)と取引のある企業は全国で405社と判明した。

業種別にみると「卸売業」が207社(構成比51.1%)で半分以上を占め、なかでも「婦人・子供服卸」(52社、構成比12.8%)が最多となった。

405社の最新期売上高の動向をみると、「増収」「減収」ともに全体の4割程度となったが、三陽商会グループの本業である繊維・アパレル関連の企業が多い「製造業」「卸売業」「小売業」の合計295社では、「増収」が構成比37.3%、「減収」が同44.1%で、「減収」の割合が高くなっている。

年売上高別では、「1億~10億円未満」が232社で最多となり、10億円未満の中小企業の構成比は7割近くに上った。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析