小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」を導入

楽天は6月1日、ローソンにスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」を導入すると発表した。

ローソンと楽天のスマートフォンアプリ決済サービス「楽天ペイ」のローソン店舗への導入に向けて、基本合意書を締結した。

合意に基づき、2017年8月から全国のローソン店舗(ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100を含む13,169店:2017年4月末現在)で「楽天ペイ」が利用できるようになる予定だ。

「楽天ペイ」が全国規模の大手チェーン企業の全店舗で採用されるのは、今回が初めて。

楽天は、全国のローソン店舗に「楽天ペイ」が導入されることにより、楽天会員向けの支払い方法の選択肢が広がり、利便性が向上することを期待している。

「楽天ペイ」は、楽天会員IDでログインした専用アプリにより、実店舗で簡単に決済をできるようにするサービス。

楽天会員IDに登録されているクレジットカードと「楽天スーパーポイント」を組み合わせて、支払いをすることもできる。

「楽天ペイ」アプリで支払うと、「楽天スーパーポイント」を200円(税込)につき1ポイント貯めることができる。

従来、「楽天ペイ」アプリでの決済方法は、店舗のスマホ・タブレット端末に表示されるQRコードを読み取る「QRペイ」と、ユーザー自身が金額を入力する「セルフペイ」から選択できた。

今回、アプリでバーコードを表示して支払える「バーコードペイ」が新たに追加され、全国のローソンではバーコードの読み取りによる決済が可能になる。

楽天グループとローソンはこれまでにも、各種サービスにおいて協業を進めてきており、2007年8月からはローソンの全店舗で楽天の電子マネー「楽天Edy」が利用可能となっている。

2016年から、全国のローソン店頭では「楽天市場」や「楽天ブックス」で購入した商品を、都内の一部店頭では「楽天モバイル」のSIMカードと端末を受け取ることができるサービスを提供するとともに、各種キャンペーンなどを実施し、全国のローソンを中心に楽天会員向けの施策を推進している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧